東村山(笑)劇場

東村山市議会の議事録から、「草の根」会派(現在、矢野穂積・朝木直子両「市議」が所属)の“大活躍”ぶりを抜粋して記録するためのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「朝木明代議員殺害事件に関する請願」

平成22年東村山市議会6月定例会
東村山市議会会議録第12号
平成22年6月18日(金)



日程第 9 21請願第 7号 東村山市議会「議会基本条例」の制定を求める請願

日程第10 21請願第12号 朝木明代議員殺害事件に関する請願

○議長(川上隆之議員) 日程第9、21請願第7号、及び日程第10、21請願第12号を一括議題といたします。

  議会運営委員長の報告を求めます。

〔議会運営委員長 山川昌子議員登壇〕

○議会運営委員長(山川昌子議員) 議会運営委員会の審査結果を報告させていただきます。

  当委員会に付託いただきました21請願第7号と21請願第12号の2件について、今議会会期中の6月11日に結果が出されましたので、順次、報告をいたします。

〔中略〕

  次に、21請願第12号について、議題といたしました。この件については、12月議会で付託され、2月15日、3月9日、6月11日と3回の審査を行いました。

  初めに、事務局より、資料について報告がありました。

  質疑、意見なしで、討論のみ1件ありました。

  討論の要旨は、不採択とすべきという立場からの討論で、請願文書の中で請願人が理由とするところの、最高裁の最新判決なるものの提出をしていただきましたので、真摯に検討、審査をすべく、進めてまいりました。この判決については、名誉棄損についての判断をしたものであって、請願人がおっしゃるところの、他殺と考え得る相当な理由があるというのは、どこにも書かれておりませんでしたとして、議会議事録の扱い、発言の扱いについて問われました今回の請願人の主張には、根拠を見出すことはできないと考え、本請願を不採択とすべきと主張したいとされ、さらに、会議録副本を見ても掲載されていない文言について、遠隔地にお住まいの請願者が、なぜに特定することができたのか、大変不可思議な請願であったと感じております等の討論がありました。

  以上で討論を終了し、採決となりましたが、賛成の方の挙手なしで、不採択とすることに決しました。

  以上、2件の請願について、議会運営委員会の審査結果を報告いたします。

○議長(川上隆之議員) 休憩します。

午前10時56分休憩


午前10時56分開議

○議長(川上隆之議員) 再開します。

─────────────────── ◇ ──────────────────

○議長(川上隆之議員) 報告が終わりました。

  21請願第7号、及び、21請願第12号につきましては、質疑、及び、討論の通告がありませんので、採決に入ります。

  採決は、請願ごとに行います。

〔中略〕

  次に進みます。21請願第12号についての委員長報告は、不採択であります。

  お諮りいたします。

  本請願を、委員長報告のとおり不採択することに賛成の方の挙手を求めます。

〔賛成者挙手〕

○議長(川上隆之議員) 挙手多数と認めます。よって、本請願は、不採択することに決しました。

トラックバック

トラックバック URL
http://threesparrows.blog26.fc2.com/tb.php/224-af82fdff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。