東村山(笑)劇場

東村山市議会の議事録から、「草の根」会派(現在、矢野穂積・朝木直子両「市議」が所属)の“大活躍”ぶりを抜粋して記録するためのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りんごっこ保育園に関する附帯決議

平成18年東村山市議会3月定例会
東村山市議会会議録第6号
平成18年3月24日(金)


*注/この日の本会議で採択された附帯決議については、その後、特に決議第1項(「東村山市は、りんごっこ保育園に対し、良好な保育環境実現のため、設備の改善など、子供が主人公の園づくりを進めるよう、強く指導すること。そして、何らの改善も見られない場合は、東京都に対して認可の再考を働きかけること」)の表現について、
「りんごっこ保育園は、子供が主人公の園づくりがされておらず、設備の改善などが必要であり、東村山市による強い指導が必要なほど劣った保育環境にあり、改善が見られなければ、東京都の認可の取消しを求めるべき状態にある。」
との事実を摘示するものであるとして、名誉毀損にあたると認定されている。「東村山市民新聞」の迷宮〈りんごっこ保育園名誉毀損(平成18年附帯決議)裁判〉参照。


〔「議長」と呼ぶ者あり〕

○議長(丸山登議員) 13番、荒川純生議員。

○13番(荒川純生議員) 議案第47号、平成18年度一般会計予算に対し、附帯決議をつける動議を提出します。

〔「賛成」と呼ぶ者あり〕

○議長(丸山登議員) ただいま、荒川純生議員から議案第47号、平成18年度一般会計予算に対する附帯決議をつける動議が提出されました。所定の賛成者がありますので、動議は成立いたしました。

  お諮りいたします。

  この際、本動議を日程に追加し、議題とすることに御異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○議長(丸山登議員) 御異議なしと認めます。よって、この際、本動議を日程に追加し、議題とすることに決しました。

  休憩します。

午後2時11分休憩


午後2時13分開議

○議長(丸山登議員) 再開します。

────────────────────── ◇ ───────────────────────

  追加日程第1 議案第47号「平成18年度東京都東村山市一般会計予算」に対する附帯決議

○議長(丸山登議員) 追加日程第1、議案第47号に対しての附帯決議を議題といたします。

  本附帯決議の時間配分については、会議規則第57条、発言時間の制限の規定により、1会派3分として、質疑、討論のみの時間配分といたしたいと思いますが、これに賛成の方の挙手を求めます。

〔賛成者挙手〕

○議長(丸山登議員) 挙手多数と認めます。よって、さよう決しました。

  次に、議案第47号に対しての附帯決議の説明を求めます。22番、川上隆之議員。

〔22番 川上隆之議員登壇〕

○22番(川上隆之議員) 議案第47号「平成18年度東京都東村山市一般会計予算」に対する附帯決議。

  上記の件に関し、別紙のとおり、附帯決議を提出いたします。

  平成18年3月24日。

  敬称は略します。

  提出者、東村山市議会議員、桑原理佐、島崎洋子、佐藤真和、野田数、鈴木忠文、肥沼茂男、罍信雄、勝部レイ子、荒川純生、渡部尚、清水雅美、高橋眞、山川昌子、島田久仁、木村芳彦、木内徹、そして川上隆之でございます。

  附帯決議の案文の朗読をもって、提案理由の説明とさせていただきます。

  議案第47号「平成18年度東京都東村山市一般会計予算」に対する附帯決議。

  平成17年3月25日、平成17年度東京都東村山市一般会計予算案を可決するに際し、りんごっこ保育園の設置者である高野博子氏の訴訟に対する不誠実な対応を正し、園の運営や設備に関する改善を行うよう、4項目について実行を強く求め、附帯決議を行ったところである。

  しかし既に1年を経過しようとしているにもかかわらず、りんごっこ保育園においては設備の改善などが行われず、法人化を行う兆しも無い状況である。

  東村山市においては、次代を担う子供たちを健やかに育てるため、良好な保育環境の実現を目指し、東村山市私立保育所設置指導指針を定めている。しかるにりんごっこ保育園設置者は、設置及び開園に向けての事前協議においても調整への真摯な対応も行わず、さらに開園後においても、事務連絡以外、理事者や所管部の管理職が訪問しても、協議の場の設定に応じようとする姿勢が見られないとのことである。

  よって、東村山市議会は、次のことを実行するようふたたび強く求めて、「議案第47号・平成18年度東京都東村山市一般会計予算」に対する附帯決議とする。

  1、東村山市は、りんごっこ保育園に対し、良好な保育環境実現のため、設備の改善など、子供が主人公の園づくりを進めるよう、強く指導すること。そして、何らの改善も見られない場合は、東京都に対して認可の再考を働きかけること。

  2、東村山市は、りんごっこ保育園に対して、安定的に良質な保育が継続されるよう、個人立から速やかに法人化するよう強く指導すること。

  3、東村山市は、りんごっこ保育園園長・高野博子氏に対し、園長会や地域エリア円卓会議など、地域の関係機関のネットワークに参画し連携を深めるよう、強く指導すること。

  4、東村山市は、りんごっこ保育園に対し、第三者評価制度については、東京都福祉サービス評価推進機構の標準評価項目に加え、当市の追加項目の評価を含めた審査を受けるよう、強く指導すること。

  以上であります。

  御審議の上、速やかに御可決賜りますようお願い申し上げ、提案理由の説明といたします。(不規則発言多し)

○議長(丸山登議員) お静かに願います。

  議案第47号の附帯決議についての説明が終わりましたので、質疑に入ります。

  質疑ございませんか。6番、矢野穂積議員。

○6番(矢野穂積議員) まず、りんごっこ保育園が、良好な保育環境がないから実現しろとか、安定的に良質な保育が継続されてないから継続するようにしなさいとか、いろいろ言っているわけですが、りんごっこ保育園は、この間、あるいは認証のりんごっこ第一保育園も含めて、第三者評価でオールAという評価がなされている。これについて、第三者的に客観的評価が、一番ランクの高い評価を受けているということについて、なお、良好な保育環境が実現してないと考える根拠は何か伺っておきます。

  それから、もう一つは、法人化についてであります。私、予算特別委員会でもお聞きしたんでありますが、個人立から法人化しなさいと言っていますが、土地が担保に入っているような場合には、社福法人化できない。これは都の見解であります。私が聞いてきました。これについて知っているかどうか。

  それから、NPO法人というのは、つなぎ融資も含めて融資の可能性がないということも、あるいは実績がないということも所管答弁で出ていますが、これについてどういうふうに思っているか伺っておきます。

  それから、最後に、市独自の追加項目だと言っていますが、これは第三者評価制度を御存じないから、こういうことを平気でおっしゃるように思いますが。というのは、市の評価項目というのは、アンケートを保護者に対してやったときに、これを30項目から追加しなさいということですが、これがあったとしても評価全体は変わらないと思いますが、どういうふうに存じているか言ってください。

○議長(丸山登議員) 休憩します。

午後2時20分休憩


午後2時21分開議

○議長(丸山登議員) 再開します。

────────────────────── ◇ ───────────────────────

○22番(川上隆之議員) ただいま、4項目に質問が上がってございますけれども、私どもはあくまでも、このりんごっこが、去年の決議以来、東村山市とのさまざまな打ち合わせとか、協議とか、そういう場面について、事務連絡以外はほとんど拒否している、そういう状況を聞いております。私どもは、あくまでも去年の4項目についてのそういう決議の実行について迫ってきたわけでございますけれども、実行されたのは第1項目の訴訟の取り下げ、それだけでございます。したがいまして、私どもとしては、非常に不誠実な対応である、そのように思って、今回、決議したところでございます。

  さまざまおっしゃっておりましたけれども、私どもはあくまでもそういう精神でやっております。したがって……(不規則発言多し)

○議長(丸山登議員) お静かに願います。(不規則発言あり)

○22番(川上隆之議員) これでは答弁できません。(不規則発言多し)

○議長(丸山登議員) 矢野議員、朝木議員、お静かに願います。(不規則発言多し)

  ほかに質疑ございませんか。(不規則発言多し)

○議長(丸山登議員) 休憩します。

午後2時22分休憩


午後2時23分開議

○議長(丸山登議員) 再開します。

────────────────────── ◇ ───────────────────────

○6番(矢野穂積議員) あのね、私は具体的に質問したんですよ。具体的に答えられないということは、この附帯決議というのは根拠がないというふうに理解せざるを得ないがどうですか。

○22番(川上隆之議員) 私は、あくまでも、東村山市の保育の質、それから、さらに向上を願っているわけでございまして、あくまでもその決議でございます。

○6番(矢野穂積議員) 要するに、答えられないということが明確になりましたね。附帯決議の4項目、出ていますが、何ら質問に答えられない程度の認識しか持っていなくて、こんなものを出している。これがはっきりしたので、市民全体に明らかにしていきたいと思いますが、答弁しませんか。

○議長(丸山登議員) 以上で質疑を終了し、討論に入ります。

  討論ございませんか。

○6番(矢野穂積議員) 根拠のない附帯決議には、到底これを認めるわけにはいきません。

○議長(丸山登議員) 以上で討論を終了し、採決に入ります。

  議案第47号に対して、お手元に配付の附帯決議を付することに賛成の方の挙手を求めます。

〔賛成者挙手〕

○議長(丸山登議員) 挙手多数と認めます。よって、議案第47号に、お手元に配付の附帯決議を付することに決しました。

トラックバック

トラックバック URL
http://threesparrows.blog26.fc2.com/tb.php/70-f29b8f5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。