東村山(笑)劇場

東村山市議会の議事録から、「草の根」会派(現在、矢野穂積・朝木直子両「市議」が所属)の“大活躍”ぶりを抜粋して記録するためのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

議会人事/市税条例改正等

平成19年東村山市議会5月臨時会
東村山市議会会議録第7号
平成19年5月23日(水)



選挙第1号 議長の選挙について

○臨時議長(田中富造議員) 日程第2、選挙第1号、議長の選挙を行います。

〔中略〕

○臨時議長(田中富造議員) 立会人の方はお戻り下さい。開票の結果を報告いたします。

  投票総数  26票

  投票総数のうち

   有効投票  25票

   無効投票   1票

  有効投票中

   丸 山   登 議員  18票

   田 中 富 造 議員   5票

   矢 野 穂 積 議員   2票

 以上のとおりであります。

〔中略〕

─────────────────── ◇ ────────────────────

追加日程第4 選挙第2号 副議長の選挙について

○議長(丸山登議員) 追加日程第4、選挙第2号、副議長の選挙を行います。

〔中略〕

○議長(丸山登議員) 立会人の方はお戻り下さい。開票の結果を報告いたします。

  投票総数  26票

  投票総数のうち

   有効投票  25票

   無効投票   1票

  有効投票中

   山 川 昌 子 議員  18票

   福 田 かづこ 議員   5票

   朝 木 直 子 議員   2票

 以上のとおりであります。

〔中略〕

─────────────────── ◇ ────────────────────

追加日程第7 選挙第3号 昭和病院組合議会議員の選挙について

○議長(丸山登議員) 追加日程第7、選挙第3号、昭和病院組合議会議員の選挙を行います。

〔中略〕

○議長(丸山登議員) 立会人の方はお戻り下さい。開票の結果を報告いたします。

  投票総数  26票

  投票総数のうち

   有効投票  26票

   無効投票   0票

  有効投票中

   鈴 木 忠 文 議員  13票

   島 田 久 仁 議員  11票

   矢 野 穂 積 議員   2票

 以上のとおりであります。

〔中略〕

─────────────────── ◇ ────────────────────

追加日程第10 選挙第6号 東京たま広域資源循環組合議会議員の選挙について

○議長(丸山登議員) 追加日程第10、選挙第6号、東京たま広域資源循環組合議会議員の選挙についての選挙を行います。

〔中略〕

○議長(丸山登議員) 開票の結果を報告いたします。

  投票総数  26票

   有効投票  26票

   無効投票   0票

  有効投票中

   鈴 木 忠 文 議員  24票

   矢 野 穂 積 議員   2票

 以上のとおりであります。

〔中略〕

─────────────────── ◇ ────────────────────

追加日程第11 選挙第7号 多摩六都科学館組合議会議員の選挙について

○議長(丸山登議員) 追加日程第11、選挙第7号、多摩六都科学館組合議会議員の選挙を行います。

〔中略〕

○議長(丸山登議員) 立会人の方はお戻り下さい。開票の結果を報告いたします。

  投票総数  26票

   有効投票  26票

   無効投票   0票

  有効投票中

   木 内   徹 議員  13票

   保 延   務 議員  11票

   朝 木 直 子 議員   2票

 以上のとおりであります。

〔中略〕

─────────────────── ◇ ────────────────────

追加日程第23 報告第1号 専決処分事項(東村山市税条例の一部を改正する条例)の報告

○議長(丸山登議員) 追加日程第23、報告第1号、専決処分事項の報告についてを議題といたします。

〔中略〕

○議長(丸山登議員) ほかに質疑ございませんか。4番、矢野穂積議員。

○4番(矢野穂積議員) 質問時間制限に強く抗議しておきます。

  まず、上場株式等の配当及び譲渡所得等に関する軽減税率の特例の1年延長、上場会社等の自己の株式の公開買い付けのみなし配当課税の特例の2年延長というのは、どうして必要になっているか。

  それから、06年度の各適用件数と各合計金額を伺いたい。

  それから、鉄軌道事業者が設置する鉄軌道事業者の固定資産については、駅中の問題が説明されたのですが、今回の地方税制の改正で、自転車駐輪場に関する固定資産税の課税標準の特例措置が廃止されるということになっているんですが、この点について説明がないのと、これからどういう改正がなされるのか。影響は大きいのではないかと思うので、具体的に明らかにしていただきたい。

  それで、バリアフリー改修促進税制が創設されたわけでありますが、1戸当たり建物100平米までとした根拠。それから、30万以上の工事、あるいは期限を3年間、固定資産税の3分の1の減額しかないということでありますけれども、このような要件の緩和というのがむしろ必要ではないかと思いますので、明らかにしていただきたい。

  最後に、緑化施設にかかわる固定資産税の拡充と適用要件の緩和の具体的内容について、どのように考えているか明らかにしていただきたい。

○財務部長(神山好明君) 1点目の上場株式等の配当、譲渡益にかかる軽減税率の特例1年延長についてですが、この制度は平成15年の国の税制改正におきまして、貯蓄から投資へという政策課題に対応し、個人投資家の積極的な市場参加を促す観点から、個人住民税において平成16年度に導入されたものであります。

  また、自己株式の公開買い付けにかかるみなし課税の特例につきましては、企業組織再編の円滑化や資本の有効活用等を促進し、株式市場の活性化を図る観点から、平成7年から導入されたものでありますが、その特例期間の延長につきましては、法に基づき実施しているところでございます。

  次に、平成18年度の各適用件数と合計金額についてですけれども、株式配当の全件数として809件、所得金額が4億1,605万円でありますが、軽減税率の特例の適用については特定できておりません。上場株式譲渡につきましては738件、所得金額が23億12万円であります。

  また、みなし配当課税の特例につきましては、株式譲渡として24件、所得金額が4億2,969万円でありますが、現行システムで上場株式配当所得及びみなし配当部分を更正し直した譲渡所得としての抽出、集計ができませんので、御理解のほどお願いしたいと思います。

  次に、鉄軌道事業者が設置する自転車駐車場にかかる固定資産税の特例措置が廃止される影響についてですが、御報告の内容と関係していないと思いますので、答弁はいたしかねます。

  次に、バリアフリー改修促進税制の関係ですけれども、1戸当たり建物100平方メートルとした根拠についてですが、今回の市税条例の改正は地方税法の改正を受けて行うものであり、その一つにバリアフリー改修促進税制があります。御質疑の100平米につきましても、私どもが根拠を持ったものではありませんが、65歳以上の高齢の方がいる一般世帯の平均人数が約3人であることを勘案し、3人世帯の居住水準床面積が100平方メートルであることから、バリアフリー化に必要な部分をその範囲と想定したと聞いております。

  次に、緩和すべきではないかということですが、現時点においてはその考えはございません。

  それから、次に、緑化施設にかかる固定資産税の拡充と適用要件の緩和にかかる内容ですが、これにつきましても御報告の内容と関係しないと思いますので、答弁はいたしかねます。

(不規則発言あり)

○4番(矢野穂積議員) 駐輪場の関係については、いつやるんですかと聞いているんです、改正をね。

  それから、バリアフリー改修促進税制についても、100平米というのはトータルの床面積でしょ。そしたら、1戸当たり幾らになるんですか。例えば建坪について、それを聞いているんですよ。おかしいんじゃないかというんですよ、こんなことじゃ。

○財務部長(神山好明君) 1点目の駐輪場の関係でございますけれども、地方税法改正そのものが市税条例にすべて網羅されるという内容とは認識しておりません。税法の改正を参照しながらやる部分もございます。したがいまして、現時点において、今の御質疑について(「これ、改正されていないというわけ、国で」と呼ぶ者あり)いつやるかについては……(不規則発言あり)現時点においては、検討してございません。

  それから、バリアフリーの関係ですけれども、御質疑につきましては、100平方メートルで30万以上の工事ということで規定しております。(「そんなこと聞いていない、何も」と呼ぶ者あり)

○議長(丸山登議員) 休憩します。

午後3時13分休憩


午後3時17分開議

○議長(丸山登議員) 再開します。

○財務部長(神山好明君) 今回の税制改正の中で、御指摘のとおり、特例措置が廃止されることは法律で決定されております。当市においては、現在、検討しておりません。

〔中略〕

─────────────────── ◇ ────────────────────

追加日程第24 報告第2号 専決処分事項(平成19年度東京都東村山市老人保健医療特別会計補正予算(第1号))の報告

○議長(丸山登議員) 追加日程第24、報告第2号、専決処分事項の報告についてを議題といたします。

〔中略〕

○議長(丸山登議員) ほかに質疑ございませんか。3番、朝木直子議員。

○3番(朝木直子議員) 時間制限に強く抗議しておきます。

  報告第2号について、4点伺います。

  1、審査支払手数料精算交付の内訳、理由、審査結果で明らかとなった具体的な問題点を伺います。

  2、むさしの園の閉園に関して、小田井部長の時代に都に対して働きかけをしたという内容を明らかにした上で、その後、どのように取り組んでいるのか伺います。

  3、過去5年の超過負担の実態。

  4、老人ホームの皆さんが楽しみにしているキンランやギンランがことしも咲きましたが、都計道の築造計画の見直しについては、どのように考えているのか伺います。

○市民部長(大野隆君) 審査支払手数料の関係の問題点というところでありますけれども、これについては特に問題ということではありませんけれども、国では資格の誤りの大部分が医療機関での転記ミスということで、今後、保健所から機械的に読み取ることができる手法を進めたいと考えているようであります。

  それから、4点目の部分については、直接的に補正予算との関係がないということで、お答えを控えさせていただきたいと思っております。

○保健福祉部長(越阪部照男君) 2点目の、むさしの園の廃園の関係でありますけれども、本報告とは関係していないと思っておりますので、答弁はいたしかねます。

〔中略〕

─────────────────── ◇ ────────────────────

追加日程第26 議案第37号 東村山市監査委員(議員)の選任について同意を求める件

○議長(丸山登議員) 追加日程第26、議案第37号、東村山市監査委員の選任について同意を求める件を議題といたします。

〔中略〕

○議長(丸山登議員) ほかに質疑ございませんか。4番、矢野穂積議員。

○4番(矢野穂積議員) 履歴から学歴、職歴を除いたのはなぜか。過去は載っていました。

  2点目、川上市議が監査委員に適格であることを根拠づける専門性というのは何ですか。

  3点目、この人物は2つの公営ギャンブル組合の議員にも選任されたわけでありますが、報酬の二重取りも含めて重複人事は避けるべきではないかと思いますが、選任した市長としてどのように考えるか。

  次は、外部監査機関については先ほど出ましたが、外部監査機関を設けている自治体があると思いますけれども、当市もそのようにすべきではないか。

  最後ですが、3月末で代表監査委員をやめた方は、監査の結果についての判断に衝突があったと聞いておりますが、イエスマンばかり選任していくというのはやめるべきではないかと思うので、この観点でどう考えているか、伺います。

○市長(渡部尚君) 1点目、履歴につきましては、学歴、職歴を記載しなければならないということはございませんので、一応、公職歴を今回は載せさせていただいたものでございます。

  それから、重複の問題ですけれども、重複につきましては、あくまでもこちらは監査委員をお願いするということで、議会の中の人事問題と重複するかどうかということは、当方としては基本的には関知しないということであります。

  外部監査委員の問題につきましては、今後、検討の課題とさせていただきたいと思っております。

  最後に、代表監査委員がおやめになったという問題ですが、これについては御本人のお仕事の関係と理解しておりまして、特に衝突があったとか、そういうことではありません。

トラックバック

トラックバック URL
http://threesparrows.blog26.fc2.com/tb.php/77-08bf22e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。